紫外線吸収剤の上限がなくなり、高SPFのものが増えた!?

紫外線吸収剤の上限がなくなり、高SPFのものが増えた!?

日焼け止めは以前からありましたが、SPFにしろPAにしろサンケア指数はそれほど高いものではありませんでした。 それが今はSPF50、PA++++が当たり前になってきてますよね。


サンケア指数の変化を追って説明すると、まず2001年に化粧品の成分の表示方法が変わり、全成分表示が義務付けられました。 このときに日焼け止めは「紫外線吸収剤の使用総量の上限」がなくなってしまったんですね。


その結果、紫外線吸収剤たっぷりの高SPF日焼け止めがつくられるようになりました。肌への負担が増してしまったのはいうまでもありません。


で、最近はというと2013年の1月からPA++++の表記が可能になり、「SPF50+、PA++++」という肌への刺激がMAXの日焼け止めが溢れ返っているのが現状です。


ただ、なかには「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」なのに「SPF50、PA++++」というものがあるもの事実。 これってきっと何かカラクリがあるだろう?といま調査しているんですが、分かり次第、追記しておきます。


繰り返しになるんですが、この日焼け止めに表示されているサンケア指数は1平方センチメートル対して2mgを塗った場合での効果です。 規定量を塗ろうとするとベタつきや白浮きが気になるし、メイクとの兼ね合いもあって実際は規定量の半分にも満たない薄塗りになっていることが多々あります。


規定量を守らず薄塗りすればするほど、効果は激減します。規定量の半分しか塗っていなければ効果は半分ではなく、4分の1~6分の1ぐらいまで激減してしまうので、 「SPF50、PA++++」を使ってこれで紫外線対策はバッチリ!と思っている人も実際は隙だらけで全然大丈夫じゃないことは覚えておきましょう。

規定量をきちんと使うなら日常使いはSPF20、PA++程度で充分!

規定量をきちんと使うなら日常使いはSPF20、PA++程度で充分!

SPFというのは「Sun Protection Factor」のことでUV-Bをカットする働きがあります。UV-Bは肌に炎症をもたらし、シミにつながることで有名ですよね。


SPF1は効果が20分間持続するというのが指標です。すなわち SPF20であれば、20分×20=400分は日焼けを起こさないという意味です。最大値はSPF50+。


あくまで皮膚が赤くなるまでの時間を表しているだけなので 完全に紫外線をブロックしているというわけではありませんし、紫外線の強さ・汗量・肌質などによって効果にはブレがでてくるということは覚えておきましょう。


また、SPF15以上は紫外線そのものの遮断率はほとんど同じです。指標の数字の違いは日焼けが始まるまでの時間をどれだけ伸ばせるかということを示すものであって 紫外線をカットする効果高い強度を示すものではありません。


PAは「Protection Grade of UVA」の略称でUV-Aをカットする働きを示します。UV-Aは真皮層にダメージを与えてシワやたるみの原因になるほか、 基底層を弱らせてしまうので、メラニンが真皮に落ちて消えないシミを作る原因にもなります。


シミをつくるUV-Bばかりが注目されるんですが、肌老化を促進する作用が強いのはUV-Aです。 そのため2013年の1月からPA++++が登場しました。こちらはSPFのような数字のカラクリはなく、+の数が多いほど遮蔽率が高いです。


SPFの数字とPAの+の数はほぼ連動しているため、SPFが高くなればPAの強さも比例して増します。とはいっても日常生活を送る上では、PA++もあれば充分です。


Copyright © 2014 肌に優しい日焼け止めの選び方~低刺激美白のコツ教えます!· All Rights Reserved·