肌への負担を考えたら紫外線吸収剤フリーを使うことが必須!

肌への負担を考えたら紫外線吸収剤フリーを使うことが必須!

肌がゆらいでいるときは日焼け止めの刺激を特に感じやすいです。


紫外線吸収剤といわれる紫外線を吸収する化学物質は紫外線を防ぐ効果は高くても肌にとって刺激が強いので、 肌荒れを起こしているときや妊娠中、季節の変わり目といったときは気をつけないといけません。


紫外線吸収剤の代表的な成分としては、A波吸収剤としてパルソールA、メギゾリルSX、B波吸収剤として桂皮酸、オキシペンゾンなどがあります。


成分表示をチェックしてもいいんですが「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」という表記があるはずなのでそうしたものを選べばOKです。


また、形状としてはローション、スプレー、ジェルタイプなどいろいろあり、そうしたものは使用感が軽く、白浮きしにくいなどの特徴がありますが、 使いやすさの反面、紫外線吸収剤主体なので肌への刺激は強めです。乳液やクリームが安心です。


また、化粧下地にUVカット機能があるものも最近は多いですが、ファンデーションの場合はリキッドやクリームタイプだと界面活性剤の配合量が多く、 肌荒れの原因になりやすいほか紫外線吸収剤入りのものが多いです。これには紫外線散乱剤は白っぽくなりやすいので下地に不向きというのが影響しています。

肌に負担をかけたくないならルースパウダーを!

肌に負担をかけたくないならルースパウダーを!

日焼け止めを塗り、さらにそのうえからUVカット機能のあるファンデーションなどを重ねるとより紫外線に対する防御力はアップします。 このとき使うファンデーションはパウダータイプというのがお約束です。


パウダーファンデーションの色粉は、紫外散乱剤と似ているので特にUVカット効果を謳っているものでなくてもUVカット効果があります。


日焼け止めよりも確実にパウダーファンデーションのほうが肌に優しいので、洗濯やゴミだしの際にちょっと日の光を浴びるというぐらいであれば パウダーファンデーションだけでも充分かもしれません。


肌の調子が悪いときはパウダーファンデーションよりもさらに刺激が少ない「おしろい(=ルースパウダー)」でもいいです。 サラサラとして使用感もいいので、刺激を気にすることなく使えるものいいですよね。


最近は、吸収剤や散乱剤が直接肌に接触しないように保護膜を形成する技術が搭載されていたり、吸収剤や散乱剤がコーティングされているなど 肌に負担をかけない処方になっている肌に優しい日焼け止めも珍しくありませんから、最新の肌に優しい低刺激処方に注目して日焼け止めをチェックするのも面白いと思います。

Copyright © 2014 肌に優しい日焼け止めの選び方~低刺激美白のコツ教えます!· All Rights Reserved·