日焼け止めの量が少なくありませんか!?

日焼け止めの量が少なくありませんか!?

日焼け止めの効果をきちんと発揮させるためには正しい塗り方と使い方をしないといけません。


塗り方としては、できるだけ塗り残しをしないこと、こまめに塗り直すことに気をつけます。ただこれだけでは不十分です。 というのもほとんどの人は、1回あたりの「塗る量が少ない」からです。


SPF50とかPA+++というサンケア指数は肌に1平方センチメートルあたり2mgの量を塗ったときの効果を表すものなので使用量が少なければ、その効果を発揮しません。


ほとんどの人は本来使用すべき量より少ない量を使っているといわれますから、使っている日焼け止めのサンケア指数通りのUVカットができているかは甚だ疑問です。


顔が真っ白になるのが嫌とか、すぐなくなるのが嫌だからと日焼け止めの使用量をケチっていると、まったく日焼け止めをする意味がなくなってしまいます。 日焼け止めはしっかり厚塗りしないといけないということです。

日焼け止めの肌に優しい塗り方

日焼け止めの肌に優しい塗り方

日焼け止めは肌に優しいものを選ぶのはもちろん、肌に優しく塗ることも大切です。


準備としてはしっかり保湿をして肌のバリア機能を整えてからワセリンで下地を作ってその上に塗ることです。これが一番日焼け止めの刺激を少なくすることができます。


実際に日焼け止めを塗る際に気をつけることは紫外線を浴びやすい頬骨などは重ね塗りすることです。おでこや鼻などもは紫外線を浴びやすいだけでなく、汗や皮脂で日焼け止めが落ちやすい部分なので特に念入りに塗りましょう。


ただ、日焼け止めを塗る際に気をつけないといけないのは肌をこすらないようにすることです。肌をこするとそれが刺激になり炎症の原因になります。 薬指を使ってできるだけやさしく塗るように心がけてください。


それから肌への負担を考えると日が暮れたらすぐに日焼け止めを落とすというのが理想です。なかなかそうはいかない人も多いと思いますが、 できるだけ日焼け止めをしている時間は短いほうがいいというのは覚えておいてください。

より確実に紫外線を防ぐためにすること!

より確実に紫外線を防ぐためにすること! 日焼け止めは基本的に毎日やるものですが、多少手を抜いてもいいときと逆に丁寧にやらないといけない場面というのがあるので紹介しておきますね。


まずいつもより頑張らないといけないときというのが


・夏の海や山、冬のスキー場
・生理前、妊娠中、ピルを服用しているとき


海や山、それから雪面というのは紫外線量が多かったり、照り返しが強いのでアウトドア用に強力な日焼け止めをしたほうがいいといわれています。 標高の高いところは紫外線が強いのでハイキングや登山には日焼け止めは必須です。


それから生理中や妊娠中、産後の一定期間というのはホルモンバランスの影響で紫外線の感受性が強くなるので念入りにUVケアをする必要があります。 肌がデリケートになっているので肌に優しい日焼け止めが威力を発揮するときでもあります。


手抜きしていいときというのは、基本的にはないんですが、外出する予定がないとか外出しても2時間未満しか外にいないという場合は、 日焼け止めを使わずにパウダーファンデーションだけでも充分です。天気が曇りの日は晴れの日に比べて6割程度、雨の日は2割程度の紫外線量になるので、 パウダーファンデーションで充分といえるかもしれません。


Copyright © 2014 肌に優しい日焼け止めの選び方~低刺激美白のコツ教えます!· All Rights Reserved·