紫外線から肌を守る日焼け止めで逆に肌を傷めてしまっている事実。

紫外線から肌を守る日焼け止めで逆に肌を傷めてしまっている事実。

このサイトに来てくれた人は、日焼け止めを使って肌トラブルが起きたり、刺激を感じてしまった人なので説明は不要だと思いますが、 一応触れておくと、日焼け止めは決して肌にいいものではありません。


にもかかわらず日焼け止めを塗らないといけないのは、それ以上に紫外線による肌ダメージのほうが深刻だからです。


肌が弱い人は困ったもので、紫外線ダメージも困るし、だからといって日焼け止めを使っても肌が赤くなっちゃうということで踏んだり蹴ったりなんですよね。 だから肌に優しい日焼け止めはマストアイテムになります。


で、実際に肌に優しい日焼け止めってあるの?ってことですが、あります。敏感肌でも大丈夫です。多分。(※絶対とはいえませんが...)


基本は、紫外線吸収剤を含まない(ノンケミカル)であること(※補足1)。SPFは15~20ぐらい、PA++もあれば日常生活で使う分には十分間に合います(※補足2)。肌が弱い人の場合は直接肌と触れないように下地にワセリンを塗っておくというのもありです。


よくある肌に優しい日焼け止め選びの間違いはベビー用を選んでしまうこと。赤ちゃん用と聞くと肌に優しいイメージがありますが成分について一つずつ調べてみると震え上がってしまうものも多いので要注意です。




※補足1:現在の日焼け止めには昔あった紫外線吸収剤の使用総量の上限がありません。高SPFのものほど「紫外線吸収剤の使用総量↑=肌への刺激↑」ですから、 紫外線吸収剤フリーかどうかは必ずチェックするようにしてください。


※補足2:最近はテレビCMや美容誌で頻繁に『SPF50/PA++++』の日焼け止めの宣伝をしてますけれど SPF50もSPF15も紫外線をカットする力はほとんど差はありません。(SPF50はUVカット率が約98%、SPF15%は約96%)。


※参照:老けないための紫外線対策~完全無敵のUVケアを徹底チェック!

というわけで肌に優しい日焼け止めの紹介です。

エメローゼント:VUVプロテクト
価格:1,540円/10g 送料510円

ワセリンベースの日焼け止めということで非常に肌に優しいのが特徴です。注文はメールかFAXのみで受けついているというホームページすらない知る人ぞ知る商品です。 これまでワセリンを塗った上から日焼け止めを塗っていたという人にはすごくおすすめ。これでダメなら日焼け止めを塗るのは諦めましょう。 注文先→info-cu@aimeerozen.jp FAX 043-301-3782

アクセーヌ:スーパーサンシールドEX
価格:4,320円/22g 

肌への優しさを追求するアクセーヌ自慢の日焼け止め。紫外線吸収剤フリーなのにSPF50&PA++++というスペックで、 それでいて2重ヴェール構造で肌の保護膜を形成するから肌に重さや負担を感じないと評判になっています。 水にも強く、ニキビができにくい処方と機能面は最高級ですが、価格が高いという点が唯一のマイナスです。

資生堂2eドゥーエ:日焼け止めノンケミカル
価格:2,376円/40g

市販されることなく医療機関向けに卸される化粧品ブランドというものがありますが、2e(ドゥーエ)はその1つ。 アトピー・敏感肌用の低刺激性化粧品を販売するブランドです。 資生堂で取り扱っていますが販売元は「マルホ株式会社」になります。SPF45&PA+++というスペックで普段使いとしては十分すぎるレベルです。

【補足情報】日焼け止めの塗り残し&塗り忘れは必ずあると思ったほうがいいです。

日焼け止めの塗り残し&塗り忘れは必ずあると思ったほうがいいです。

どんなに気をつけて塗り残しがないように日焼け止めを塗ったつもりでも100%完璧ということはないです。 カレーうどんをどんなに気をつけて食べても汁はねして服が汚れてしまうように必ずどこかに塗り残しがあるものなんです。


なので、日焼け止めだけではなく帽子をかぶったり、日傘をさしたりといった物理的に紫外線を遮断するUVケアも一緒にやったほうが確実です。


日焼け止めの隙間を塗って浴びてしまった紫外線がメラノサイトを刺激してメラニンを生成してしまうまでの猶予というのは3日あります。 そのため肌の白さを維持しようと思ったら紫外線を浴びてから3日の間に必ず美白化粧品を使ってメラニン生成を抑制しないといけないということです。


実際には、いつ紫外線を浴びてしまったかというのはわかりませんから美白化粧品は毎日使うことになります。 日焼け止めの塗り残しによるメラニン生成を防いでくれる最後の砦になってくれるのが美白化粧品なんですね。


で、問題はどんな美白化粧品を使えばいいの?ということ。


美白化粧品って刺激が強いし、肌も乾燥してしまうというイメージがあって「肌に優しい」とは対極にあるものだと思っている人は多いと思います。 実際のところ美白成分は肌に働きかける作用が強いので刺激や乾燥が気になるものもあるというのは否めません。


しかし、なかにはデリケートな肌専用、敏感肌向けに徹底して肌への優しさを考えた美白化粧品もあるんです。 肌への優しさを考えて日焼け止めを選ぶのであれば、美白化粧品も肌に優しいものを使ったほうが絶対いいですよね。

肌に優しい美白化粧品を使ってメラニン生成を防ぐ!

肌に優しい美白化粧品を使ってメラニン生成を防ぐ! カネボウの白班問題以降、美白化粧品は安全・安心という方向へ大きく舵を切っています。保湿効果の高さや敏感肌でも使える低刺激処方など、 「肌に優しい」要素を加えたものが増えているんですね。


そんな肌に優しい美白化粧品のなかでひときわ目を引くのがディセンシアという敏感肌ブランドのホワイトニングシリーズ<サエル>です。


・ポーラ研究所が開発・特許を取得した肌を保護するバリア膜形成技術
・セラミドによる高い保湿力
・メラニンのクロをシロに巻き戻す独自の美白処方


といった感じで、これまでの美白化粧品の概念を打ち破る「低刺激・高保湿・美白効果」という3拍子揃った点が最大の魅力です。


そもそもディセンシアはポーラ研究所と大手製薬メーカーのアトピーに関する共同研究のなかで生まれた 「ヴァイタサイクルヴェールR」という肌のバリア機能を保護する技術を世に広めるために立ち上げられたという「技術ありき」の非常に珍しい敏感肌ブランドです。


業界大手のポーラ・オルビスグループがわざわざ1つの特許技術のために敏感肌ブランドを立ち上げたことからわかるように この「ヴァイタサイクルヴェールR」にはそれだけの価値があり、絶対の自信があったわけですよね。


「私みたいな乾燥・敏感肌でも使える美白スキンケアを作ってくれてありがとう。」そんな感想が寄せられるぐらいですから肌に優しい美白化粧品にかんしては、サエルを選んでおけばまず間違いないと思います。


トライアルセットあり!  肌に優しい<サエル>の詳細をもっと!
Copyright © 2014 肌に優しい日焼け止めの選び方~低刺激美白のコツ教えます!· All Rights Reserved·